C-rexとさすらう日々

遊び人・C-rexのゲームを中心に色々語っていくゲームブログ

NYの親愛なる隣人になろう 「Maver’s Spider-Man」感想

f:id:journercrex:20180914091145j:plain

 

 

 

ゲーム内容

科学オタクの冴えない青年「ピーター・パーカー」、彼のもう1つの顔は、NYの平和を守る親愛なる隣人「スパイダーマン」。プレイヤーは、ヒーロー歴8年のベテランスパイダーマンとなり、NYでスーパーヴィランやゴロツキと戦い、街の平和を守るオープンワールドアクションアドベンチャーゲーム

 

ソフト情報

 

シンプルでスタイリッシュな戦闘システム

f:id:journercrex:20180914091359j:plain

f:id:journercrex:20180914091425j:plain

戦闘中の必殺技(フィニッシュ・ムーブ)が決まった瞬間。

本作の魅力の1つは、バトルです。

 

具体的に言えば、□ボタンの打撃、△ボタンのウェブストライク、R1のウェブショットを組み合わせシンプルなコマンドでコンボが出せますしスパイダーマンの頭上に表示されるスパイダーセンス回避のタイミングが分かり、いつでも華麗に敵を避け、フルボッコにするスタイリッシュな戦闘ができます

 

ボタン配置が特殊ではありますが、慣れれば確実にレベルアップするし、爽快感バツグンな状態の戦闘を常に楽しめます

 

爽快感バツグンなスイング

f:id:journercrex:20180914091206j:plain

f:id:journercrex:20180914091228j:plain

スイング中の自撮り。

スパイダーマンの代名詞と言えば、ウェブ・シューターから糸でビルをスイングする姿。本作では、爽快感バツグンなものに昇華されていました。

 

 特筆すべきは、スピード感。本作では、R2ボタンを中心に糸で建造物の間をターザンのようにスイングするのですが、物凄くハイスピードです。必要な操作に慣れればさらに快適になります。ぶっちゃけ、ファストトラベルより便利です。

 

詳しく知りたい方は、YouTubeの「Play Staition Japan」の公式チャンネルのインタビュー動画を見てください。

www.youtube.com

 

分かりやすい一部のコレクト要素の誘導

f:id:journercrex:20180914091440j:plain

f:id:journercrex:20180914091327j:plain

f:id:journercrex:20180914091311j:plain

リアルなマンハッタン。冒険も楽しい。

 本作には、ランドマーク撮影バックパック集め、というコレクト要素があるのですが、マップで位置が表示されています。もっとも、上記で挙げた要素は「トーク」というガジェットやスーツの解放に必要なものが報酬ですので、簡略化は必然なのでしょうが。

 

コレクト要素は、面倒くさがりやエンジョイ勢にとっては難しさで挫折するものです。こういった措置があると、やる気が出ます

 

王道でありながら堅実なストーリー

f:id:journercrex:20180914091150j:plain

f:id:journercrex:20180914091155j:plain

f:id:journercrex:20180914091158j:plain

f:id:journercrex:20180914091209j:plain

f:id:journercrex:20180914091216j:plain

映画さながらのムービーとしっかりしたシナリオ。本気度が違う。

本作のシナリオも良くできていました全体的なテンポが良く、ほとんどの伏線が回収されるし、演出がとてもカッコイイです。
 

個人的には、中盤と後半の最初がクライマックスでした。

 

物足りないサイドミッション

f:id:journercrex:20180914091403j:plain

 本作にもサイドミッションはあるのですが、少ないです。その数は18種類。スカイリム(82種類)やフォールアウト4に比べると、雲泥の差です。

 

他の要素に力を入れすぎた弊害だと思いますが、本編の時点でもう少し充実させてほしかったです。

 

一部ヴィランの扱いの悪さ

 

f:id:journercrex:20180914091409j:plain

本作のメインのヴィラン「Mr.ネガティブ」。

 ストーリーは堅実な作りだったものの、上記のMr.ネガティブとラスボス以外のヴィラン扱いが悪く感じました

 

具体的に言うと後半にヴィラン2体と同時に戦うことになります。個人的には、ヴィランは1体ずつ戦うのが望ましいと思うので、バランスが悪かったと感じます。

 

総評

f:id:journercrex:20180914091328j:plain

f:id:journercrex:20180914091356j:plain

  • 初心者も安心な丁寧かつスタイリッシュなゲームデザイン
  • 王道ながらも堅実なストーリー。
  • プレイして損なしの名作。実写版の視聴、原作設定を調べた上でプレイすればかなり面白くなる。

 

 

 

 

近況報告・9月8日

 

生きてます

先日、北海道胆振東部地震が起き、我が家では停電が発生しました。灯りがない、充電できない、ウォシュレットが使えない、PS4が使えない、という本当に不便な生活でした。しかも、それが2日近く続きました。

 

色々な感想はありますが、とりあえずこの不便な生活で、終末の片鱗を味わいました。

 

プレイ日記やめます

これまで、3回に渡ってシムズ4のプレイ日記ですが、やめます。理由は面倒くさい+ワンパターンな内容になりそうだからです。

 

この企画、自分には合わなかったです。

 

スパイダーマン買います

 さて、ここ最近シムズ4とシティズスカイラインばかりプレイしてましたが、PS4スパイダーマン」を買います。海外で高評価だったのと、ムービーがよさげだったので。

 

物流が良くなっているなら、本日中に買おうと思います。

そうだ、都会で暮らそう「シムズ4」プレイ日記

 

お久しぶりです!私生活での忙しさが終わり、ひと段落がついたC-rexです。今回から、「シムズ4」の新生活を読者の皆様に紹介していきましょう!

 

これまで、何度も失敗を重ね、それども楽しんできた「シムズ4」。今度こそ、長く続く家系を作れるのか……?

続きを読む

近況報告・8月10日

どうも、お久しぶりです。ここ最近、多忙な時期を超え、夏休みに突入しました。さらに、別方面での活動、モチベーションの低下で大きな記事を書く気力がありません。そこで、俺の近況についてまとめておきます。

 

  • シムズ4はなんとかプレイ中
  • デトロイトをプレイした……
  • 試験で勉強不足を痛感……
  • 本格的にRPGツクールでの創作を始めたい
続きを読む

天才音楽家マシュー君の愉快な家族・「シムズ4」プレイ日記

f:id:journercrex:20180708131251j:plain

 

 始まりました!C-rexのシムズ4プレイ日記

 

前回は、マシュー君の学生時代から、エレンの成長までを見てきました。今回は、新たな家族の物語を見せていこうと思います!

 

続きを読む

天才音楽家マシュー君と愉快な家族・「シムズ4」プレイ日記

f:id:journercrex:20180707151344j:plain

 

 

シムズ買ったぜ。

先月PS4で行われた大型セール「Days of Play」。そのセールで、俺は昨年発売されたコンソール版「ザシムズ4」を購入しました。

 

「ザシムズ」とは、Maxisが発売した「シムシティ」で有名な「シムシリーズ」のシミュレーションゲームの1つ。「シム」という住人を作成し、歯磨き、食事といった生活習慣や自動生成されたシムと恋人、友人になったり、仕事で稼いだり、家を作ったりするという内容です。イメージとしては、「たまごっち」「トモダチコレクション」を混ぜ合わせたような感じです。

 

前回のオフ会の記事でも書いたように、このゲームはものすごく面白いです!

 

journercrex.hatenadiary.jp

 

リアリティがあり、シムもかなり細かくクリエイトできるしで、マジで楽しい!ということで、そんなC-rexのシムズの世界を公開します!

 

 

日記の主人公シム

今回、紹介する主人公シムはこちら!

f:id:journercrex:20180707135344j:plain

楽家のマシュー・ターナー君。母曰く、俺にそっくりだとのこと。

 マシュー君は、年齢はティーン(10代)から開始し、現在は大人(壮年期)になりました(写真は若者時代)。少々筋肉質な体型で、マヌケなので陽気で、運動大好きな男のシムです。

 

ティーンから若者へ(結婚するまで)

f:id:journercrex:20180707135441j:plain

フィットネススキル(運動能力)が低いティーンのころのトレーニング風景

f:id:journercrex:20180708131120j:plain

トレーナーからボクササイズの指導を受けるマシュー君。ボクササイズはフィットネスレベル3になると、しっかりパンチができるようになる。

マシュー君は、俺が単独のティーンシムに慣れてなかった(実は、マシュー君以前にも女性シム5人、男性シム1人を作っていたけど、どれも若者)ため、学校の成績はABC評価でC止まりでした。

 

そんなマシュー君ですが、学校以外の場所に何度も行ったりして、家に呼んだりしたことで、仲のいい友達ができました。あった場所は忘れたけど、「家に来ていい?」と突然聞いてきた無職でホームレスの「タナカ ナオキ」、トレーニングで育んで友情が成立した「ゾーイ」。そして、学校でできた唯一の親友「セレニティー」。

 

f:id:journercrex:20180708131210j:plain

右がセレニティー。デフォルトはちょっとぽっちゃりな女の子。

 少ないながらも、マシュー君は確かな友情を確立しました。あまり余裕がなかったせいか、中々友人を増やせてなかったと改めて思いましたので、2世代以降はそこをなるべく強化できるようにしたいところです。

 

さて、そんなマシュー君は自らの「願望」であるデートを告白して恋人になったセレニティーと2回行いました。そして、2回目のデート。セレニティーとマシュー君の恋愛関係はほぼMAX。満を持して、マシュー君はプロポーズ!

f:id:journercrex:20180708131131j:plain

プロポーズ、その結果は?

 成功しました!!こうして、マシュー君は結婚した……と思いきや、してませんでした。同居開始からしばらく後、セレニティーとの関係を調べてみると、なんと配偶者の表記がありませんでした

 

これはまずい!!ということで、子ども(エレン)が生まれたあと、マシュー君とセレニティーをナイトクラブに行かせ、そこで正式に夫婦となりました

f:id:journercrex:20180708131224j:plain

あ~良かった良かった( ´∀` )

お気づきかと思いますが、セレニティーの見た目はだいぶ自分好みに変えました。ま、愛する夫のためにダイエットしたってことで(適当)。

 

初めての子供

f:id:journercrex:20180708131243j:plain

出産時の光景。BGMとうめき声が相まった演出がリアル。

f:id:journercrex:20180708221117j:plain

子ども(長女)が生まれ、元気な産声をあげました。名前は「エレン」にしました。

その後、エレンは順調に成長し、

f:id:journercrex:20180708131041j:plain

おもちゃで遊ぶエレン。

オタク(ゲーマー)少女へと変わりました。

f:id:journercrex:20180708131051j:plain

小学生になったエレン。父親の反省から真面目に宿題をやるようにしました。いい子いい子。

楽家としてのマシュー君

こうして、子どもができたマシュー君。仕事も家族も充実したいいパパになれましたね。

 

そんな彼の仕事は「エンターテイナー」の中の音楽家。最後に、そんな彼の演奏風景をお見せしましょう。次回は新たな兄弟と彼の最期までをお見せしようと思います。

 

それでは、また!

f:id:journercrex:20180708131205j:plain

マシュー君の華麗な演奏を聴くセレニティー。我ながらベストショット。

 

 

 

 

オフ会に参加した話

平成最後の夏の6月30日。札幌の某ビルのカラオケにて。俺はKentworld氏のオフ会「MGMゲームルーム」に参加してきました

 

 

 

 

Kentworld氏について

2007年より運営を開始したゲームブログ「M☆G☆M+etc…」の管理人。コンシューマーゲームを中心にゲーム性とポジティブを重視したレビューを中心に、コラム、ゲーム情報、売上ランキングといったバラエティー豊かな記事を執筆。毎日12時と20時に定期更新。

 

kentworld-blog.com

 

俺、C-rexは2016年11月後半よりほぼ毎日記事を閲覧しており、氏とはプライベートでもそれなりの付き合いがあります。彼は非常に明るく、温厚な人物で、コンシューマーゲームに関する知識もそれなりに持った好青年です。実は、彼の主宰するMGMゲームルームに1度参加しました。

 

 

自己紹介と参加者

今回のMGMゲームルームでは、10時にカラオケに集合し、遅れてきたメンバーが来るまでに準備をしたあと、それぞれの自己紹介が始まりました。自己紹介では、

  • 産まれて初めてプレイしたゲーム
  • ハマってるゲーム
  • 期待しているゲーム

をそれぞれ語っていきました。なお、今回参加したメンバーは俺とKentさんを除くと以下の5名です。

みなと・ともゲーマー夫婦

f:id:journercrex:20180701081043j:plain

f:id:journercrex:20180701081058j:plain

冷静で温厚なみなとさん、明るく気さくなともさんの仲良し夫婦。アトラス作品の熱心なファンで、ゲームブログ「ゲーマー夫婦みなとも」の管理人。現在では、みなとさんは「Detorit:Become Human」、ともさんは「OPUS-魂の架け橋」に夢中。

 

余談ですが、ともさんが産まれて初めてプレイしたゲームが「レベーターアクション」という俺に馴染みのあるゲームだったので、興奮しながらこれの続編の「リターンズ」を強く勧めました。それと、連れてきた赤ちゃんが可愛かったです。

 

gamelovebirds-minatomo.link

 

ナスタ

f:id:journercrex:20180701083758j:plain

ナスタ/NASTURTIUM (@nasturtiumpfm4) | Twitter

元・任天堂信者の子持ちゲーマー。現在、「Lost Odessey」に夢中。俺の実家の近くに住んでいたので驚きました。

 

archer

f:id:journercrex:20180701094007p:plain

2Ⅾアクション好きのゲーマー。実は、MGMを7年読み続けている古参読者です(コメントしたのは去年あたりから)。

 

ヨウタイガ

f:id:journercrex:20180701095418p:plain

 プロレス好きのゲーマー。その趣向から「ファイアプロレスリングワールド」に期待。

 

 

ブロガーと読者の意見交換

 自己紹介を終えた後、読者×ブロガーでブログに関するインターネットのあれこれの話をしました。広告の位置、読みたい記事の話題はそれなりに盛り上がりました

 

 

みんなでゲーム対戦

休憩を挟み、我々はKent氏が持ってきたSwitchでローカル対戦をして盛り上がりました。今回プレイしたゲームは以下の通り。

ボンバーマン」「オーバークック」は以前参加したゲームルームにてプレイし、後者がかなり面白かったです。

そのときの記事↓

 

blog.livedoor.jp

 

f:id:journercrex:20180701213319j:plain

赤チームはKent氏+ナスタさん、青チームはみなとも夫婦。みなともさんはこのタイトルをよくプレイしているので、かなり手際が良かったです。

f:id:journercrex:20180702110604j:plain

ClusterPuck 99のプレイ風景

マリオテニスエース」はかなり評判がいいので気になっていたので、プレイできて良かったです。実際にプレイしてみると、かなり練習が必要でした。というのも、コマンドが多く、テクニックも結構あるからです。スマブラのテクニックとかに近く、ストリートファイターよりは簡単な印象でした。

時間があれば本タイトルを購入してみようかな……。デトロイトもかなり気になるけど……。

 

 

見て楽しむゲームプレゼンテーション

対戦を終えた後、今度はそれぞれのおすすめゲームのプレゼン大会をしました。紹介したのは俺を含め3人です。

XboxOneXのナスタ

まず、最初のプレゼンターはナスタさん。彼が紹介したのは以下のタイトルです。

  • カップヘッド
  • クォンタムブレイク
  • オリとくらやみの森

「カップヘッド」は聞いていた以上に難しく、皆さん大苦戦。でも、世界観は良かったのです。

 

「オリとくらやみの森」は美しく彩られたアニメーションメトロイドバニアな高難易度なシステムが特徴的でした。Kentさんが絶賛していたのも印象的でした。

Switchのみなとも夫婦

続いてのプレゼンターはみなともさん。紹介されたタイトルはこちら。

  • ICEY(みなと)
  • OPUS~魂の架け橋(とも)

「 ICEY」は少し気になっていたのですが、これがなかなかカオスw指示に背くとブチギレるナレーター、環境に耐えられずにやめていく社員のメール、手抜き背景、メイキング公開、制作者の言い訳・愚痴、これはひどいww

 

このプレイヤーに訴えるスタイルは、MGS2発狂大佐を彷彿させました。「いいセンスだ」。ちなみに、みなとさんによるとこのメタ要素のほうがメインだとのこと。作者はどこで道を踏み間違えたんだ……。

 

「OPUS~魂の架け橋」では、みなとさん実機プレイの下、ともさんの紹介がなされた。ともさんはこの作品を相当気に入ってるようで、主人公2人の掛け合いがとてもいいとのこと。

f:id:journercrex:20180703090037j:plain

プリントまで作るほどのハマリ具合。すごい……。

スマホでも配信されてるようなので、時間があればやろうかな……。

レトロゲームとシムズのC-rex

最後は、俺がプレゼンしました。タイトルはこちら。

レトロゲーム枠では、「ドンキーコング」の反応がかなり良かったです。解説を交えながらプレイしましたが、ポカを何度もやらかし、レベル1でゲームオーバーに(白目)。

 

パンチアウト」は題材やマイナーなタイトルだったせいか、あまり盛り上がりませんでした。紹介をうまくせねば……!(遅い)

 

最後はメインディッシュの「シムズ4」、シムの一日とクリエイト場面をプレゼンしました。シムの一日のときにともさんが例に挙げた「たまごっち」はかなり的確な例えだなと納得しています。

 

シムズ4に関しては、かなり面白いゲームなので、いずれブログでも記事を紹介しようかなと思います。

 

 

解散と感想

プレゼンテーションを終え、片づけをした後、我々は札幌駅の解散しました。

 

本当に楽しかったです!また機会があれば、スマブラで是非とも対戦をしたいです。

 

f:id:journercrex:20180703095806j:plain