C-rexとさすらう日々

遊び人・C-rexのゲームを中心に色々語っていくゲームブログ

NYの親愛なる隣人になろう 「Maver’s Spider-Man」感想

f:id:journercrex:20180914091145j:plain

 

 

 

 

ゲーム内容

科学オタクの冴えない青年「ピーター・パーカー」、彼のもう1つの顔は、NYの平和を守る親愛なる隣人「スパイダーマン」。プレイヤーは、ヒーロー歴8年のベテランスパイダーマンとなり、NYでスーパーヴィランやゴロツキと戦い、街の平和を守るオープンワールドアクションアドベンチャーゲーム

 

ソフト情報

 

シンプルでスタイリッシュな戦闘システム

f:id:journercrex:20180914091359j:plain

f:id:journercrex:20180914091425j:plain

戦闘中の必殺技(フィニッシュ・ムーブ)が決まった瞬間。

本作の魅力の1つは、バトルです。

 

具体的に言えば、□ボタンの打撃、△ボタンのウェブストライク、R1のウェブショットを組み合わせシンプルなコマンドでコンボが出せますしスパイダーマンの頭上に表示されるスパイダーセンス回避のタイミングが分かり、いつでも華麗に敵を避け、フルボッコにするスタイリッシュな戦闘ができます

 

ボタン配置が特殊ではありますが、慣れれば確実にレベルアップするし、爽快感バツグンな状態の戦闘を常に楽しめます

 

爽快感バツグンなスイング

f:id:journercrex:20180914091206j:plain

f:id:journercrex:20180914091228j:plain

スイング中の自撮り。

スパイダーマンの代名詞と言えば、ウェブ・シューターから糸でビルをスイングする姿。本作では、爽快感バツグンなものに昇華されていました。

 

 特筆すべきは、スピード感。本作では、R2ボタンを中心に糸で建造物の間をターザンのようにスイングするのですが、物凄くハイスピードです。必要な操作に慣れればさらに快適になります。ぶっちゃけ、ファストトラベルより便利です。

 

詳しく知りたい方は、YouTubeの「Play Staition Japan」の公式チャンネルのインタビュー動画を見てください。

www.youtube.com

 

分かりやすい一部のコレクト要素の誘導

f:id:journercrex:20180914091440j:plain

f:id:journercrex:20180914091327j:plain

f:id:journercrex:20180914091311j:plain

リアルなマンハッタン。冒険も楽しい。

 本作には、ランドマーク撮影バックパック集め、というコレクト要素があるのですが、マップで位置が表示されています。もっとも、上記で挙げた要素は「トーク」というガジェットやスーツの解放に必要なものが報酬ですので、簡略化は必然なのでしょうが。

 

コレクト要素は、面倒くさがりやエンジョイ勢にとっては難しさで挫折するものです。こういった措置があると、やる気が出ます

 

王道でありながら堅実なストーリー

f:id:journercrex:20180914091150j:plain

f:id:journercrex:20180914091155j:plain

f:id:journercrex:20180914091158j:plain

f:id:journercrex:20180914091209j:plain

f:id:journercrex:20180914091216j:plain

映画さながらのムービーとしっかりしたシナリオ。本気度が違う。

本作のシナリオも良くできていました全体的なテンポが良く、ほとんどの伏線が回収されるし、演出がとてもカッコイイです。
 

個人的には、中盤と後半の最初がクライマックスでした。

 

物足りないサイドミッション

f:id:journercrex:20180914091403j:plain

 本作にもサイドミッションはあるのですが、少ないです。その数は18種類。スカイリム(82種類)やフォールアウト4に比べると、雲泥の差です。

 

他の要素に力を入れすぎた弊害だと思いますが、本編の時点でもう少し充実させてほしかったです。

 

一部ヴィランの扱いの悪さ

 

f:id:journercrex:20180914091409j:plain

本作のメインのヴィラン「Mr.ネガティブ」。

 ストーリーは堅実な作りだったものの、上記のMr.ネガティブとラスボス以外のヴィラン扱いが悪く感じました

 

具体的に言うと後半にヴィラン2体と同時に戦うことになります。個人的には、ヴィランは1体ずつ戦うのが望ましいと思うので、バランスが悪かったと感じます。

 

総評

f:id:journercrex:20180914091328j:plain

f:id:journercrex:20180914091356j:plain

  • 初心者も安心な丁寧かつスタイリッシュなゲームデザイン
  • 王道ながらも堅実なストーリー。
  • プレイして損なしの名作。実写版の視聴、原作設定を調べた上でプレイすればかなり面白くなる。